タイミングが合えば行ってみたい沖縄の祭り

やっぱりコレ!沖縄全島エイサーまつり

沖縄で一番有名なお祭りと言えば、沖縄全島エイサーまつりですよね。エイサーというのは沖縄でお盆に行われる伝統芸能で、いわゆる「盆踊り」のようなものです。沖縄全島エイサーまつりではその県内各地のエイサーを一度に楽しむことができるんですよ。初日は「道じゅねー」、中日は「沖縄市青年まつり」、そして最終日がメインイベントの「全島エイサーまつり」となっていて、それぞれに見どころが満載です。毎年、旧盆明けの最初の週末に3日間行われています。また、プレイベントである「エイサーナイト」というイベントも6月中旬頃から旧盆まで毎週末行われています。当日を狙って行くのは難しいという方は、エイサーナイトを楽しんでみるのも良いですね。

島が一年で最も賑わう日!波照間島ムシャーマ

ムシャーマとは日本最南端の島である波照間島で旧暦7月14日に行われる、豊年豊漁と祖先供養を祈願するお盆の伝統行事のことです。お盆の時期に行われるので、普段は島を離れている人も多く集まり、普段はのどかな島が一年で最も活気づく日と言えます。五穀豊穣と幸をもたらす神様である「ミルク様」を先頭にしたミチサネー(仮装行列)をはじめとし、テーク(太鼓)やボー(棒)、ニンブチャー(念仏踊り)、コンギー(狂言)、ブドリ(舞踊)などを楽しむことができます。この日のために集まり、島民一丸となってお祭りを盛り上げる様子はなかなか魅力的ですよ。夏の沖縄で美しいビーチだけでなく、沖縄ならではの多彩な伝統芸能を堪能してみてはいかがでしょうか。